瑞友会トピックス

クローズアップ

「クローズアップ」トップへ

No.036 <瑞友会賞 臨床部門賞>
「受賞課題:ナビゲーションシステムを駆使した脳外科手術」

[掲載日:2016年10月25日]

受賞報告:「瑞友会賞受賞の挨拶」

渡邉 隆之(わたなべ たかゆき)
平成12年卒 名古屋市立医学部卒
豊川市民病院 脳神経外科・医長

この度は、名誉ある瑞友会賞(臨床部門)を受賞させて頂き、誠に有り難うございました。ご推薦およびご選考頂きました先生方ならびに会員の皆様に心から感謝致します。

今回受賞の対象となりましたテーマは、脳神経外科領域におけるナビゲーションシステムの活用、応用についてです。私が豊川市民病院に赴任した平成17年春に、ちょうど当院で初めてナビゲーションシステムが購入され、現副院長の松本隆先生より、使用法をマスターし新たな適応を模索していくように委託されました。これは、元々新しいことを考えるのが好きな自分にとって、とても大きなチャンスでした。従来のナビゲーションシステムの概念は、主に大学病院などの先進医療機関でのみ使用され、対象疾患も脳腫瘍などごく一部の手術に限られており、かなり敷居の高いシステムという印象でした。しかし、当院で導入したブレインラボ社製のナビゲーションシステムは、使用法が格段に簡便で、しかも大きさもコンパクトであったため、その機動性を生かし、工夫を重ねながら、脳腫瘍だけでなく、脳卒中、頭部外傷、水頭症などあらゆる分野の疾患の手術に応用してきました。その結果、約10年で700例を超える症例に使用し、現在では欠かすことのできない機器へと発展しました。また、平成23年にはナビゲーション用プランニングソフト(iPlan)も導入し、より機能を強化して、利便性のみでなく、手術の安全性、確実性にも大きく貢献できるようになりました。このソフトを応用することで、術前に3D画像でシュミレーションができ、手術アプローチの選択、解剖の確認、知識の整理、さらには若手医師の教育にも役立てることができます。これらの情報は多くの学会で紹介しており、より多くの施設で役立てて頂けるとうれしく思います。

近年、臨床の場でも様々な医療機器が開発され導入されていますが、それをどう使いこなすかは、現場の人間に委ねられています。せっかくのいい機械を無駄にしないよう、日々創意工夫を重ね、使い続けることが重要だと思います。私も今回の受賞を機に、よりよい医療を提供できるよう、さらに邁進していきたいと考えています。


略歴
平成12年3月
名古屋市立大学医学部卒業
平成12年4月
名古屋市立大学病院研修医
平成13年3月
国立東静病院(現静岡医療センター)
平成17年3月
名古屋市立大学大学院終了 医学博士
平成17年4月
豊川市民病院脳神経外科副医長
平成22年4月
豊川市民病院脳神経外科医長
資格
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
  • 日本神経内視鏡学会技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
渡邉 隆之氏 授賞理由

ナビゲーションシステムは、頭蓋が固定される脳神経外科手術ではとても有用な機器で、術前に施行したCTやMRIなどの画像情報を元に、手術中にポイントした部位が、術前画像のどの位置に当たるかを示すもので、大学病院を中心の脳腫瘍手術において使用されてきた。

豊川市民病院では2005年にブレインラボ社製ナビゲーションシステムを導入し、コンパクトで、使用法も簡便であるため、脳腫瘍だけでなく、脳卒中、頭部外傷、水頭症等あらゆる疾患の手術をその応用を広げてきた。現在までに700例を超える手術で使用しており、当院の手術では欠かせない機器となっている。

2011年にはナビゲーション用術前プランニングソフト(iPlan)も導入し、CT、MRI、アンギオなど複数のmodalityのデータを取り込みによる、Image Fusionを行った。その上で、骨はCT、腫瘍や脳組織などはMRI、血管はMRAやアンギオなどを元に3D画像を作成し、それぞれを組み合わせて解剖学的位置関係を確認できるようになった。さらに、作成した画像の一部を削除したり縮小させ、あらゆる方向から観察することで、術式の検討や、術前の詳細なシュミレーションができ、知識の整理、若手医師の教育にも役立たせている。

ナビゲーションシステムは、適切な位置で開頭、穿頭をすること、手術中にorientationを確認すること、目標部位に確実に穿刺すること、術前に詳細な検討ができるなどの利点を持ち、受賞者らの創意工夫によって適用範囲を広げて種々の脳神経外科手術を安全、確実に行うことができるようになった。